SSブログ

「ミステリーの書き方」 [その他]

今年も残すところ15日となりましたね。
年賀状の受付が開始されたようですが、まだ手をつけていない状態で、焦っています^^;

DSC03421.jpg

さて、8年ほど前に幻冬舎と推理作家協会との共同プロジェクトで、「ミステリーの書き方」という書籍を作成するべく動いていたそうです。(私は最近知りました)
この書籍は、PR雑誌「ポンツーン」に寄稿された原稿をまとたものだそうで、野沢尚も2003年9月号に「登場人物に厚みを持たせる方法」というタイトルで、「深紅」を実例に挙げて原稿を書かせていただいたそうです。
今回その原稿が掲載されましたのでお知らせいたします。

ミステリーファンでなくても興味深い内容になっていると思いますので、是非お読みになってみてはいかがでしょうか。


2010-12-16 00:17  nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

鴉

初めてコメントさせていただきます。鴉といいます。
野沢尚さんの本は、中学の時先生から薦めてもらって、
高校生になった今でも読ませていただいています。
今は「殺し屋シュウ」を読んでいます。
多くの本が映画化されているので、ぜひ見たいと思っています。

もっともっと、野沢さんの本が多くの人の手にわたることを
願っています。
また、新しいニュースを楽しみにしています。
by 鴉 (2010-12-16 18:24) 

野沢

鴉さん
コメントありがとうござます。
鴉さんのような若い世代の方に読んで共感していただけることは、野沢が一番喜ぶことだと思います。
ありがとうございます。
いつまでもそばに置いて、読み直して欲しい作品ばかりですので、時折時間を空けて読み返していただけたら嬉しいです。

by 野沢 (2010-12-17 16:00) 

職務経歴書の書き方の見本

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
by 職務経歴書の書き方の見本 (2011-01-13 13:23) 

野沢

職務経歴書の書き方の見本さん
コメントありがとうございます。
また、書籍をご購読いただきありがとうございました。
by 野沢 (2011-01-24 10:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。